航空安全

飛行ルール(航空法第9章)の対象となる機体

平成27年9月に航空法が一部改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルール(航空法第9章)が新たに導入されることとなりました。

航空法第9章の規制対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

ドローン(マルチコプター)
ドローン(マルチコプター)
農薬散布用ヘリコプター
農薬散布用ヘリコプター
ラジコン機
ラジコン機

なお、200g未満の重量のものを、空港等周辺で飛行させることや、高高度で飛行させることは、「航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為」として、従前のとおり航空法第134条の3の規制を受け、飛行の許可等が必要となる可能性があります。

また、航空法の他に、関係法令及び地方公共団体が定める条例等の規制もあります。規制対象となる機体は航空法の「無人航空機」とは異なる場合がありますのでご注意ください。

e-Gov法令検索

航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為(PDF形式)



ページの先頭に戻る