航空

航空安全対策

 既存の航空安全行政の一体化・向上、レギュレータとしての機能の確立・強化等を図りつつ、航空安全行政の高度化を目指すこととしています。
 施策の詳細については、「空の安全について」並びに「航空安全情報ポータル」をご参照ください。

(1)航空安全プログラムの更なる推進
 国民間航空の安全性を向上するため、国が安全指標及び安全目標値を設定してリスクを管理するとともに、義務報告制度・自発報告制度等による安全情報の収集・分析・共有等を行うことで、航空安全対策を更に推進する。
航空安全プログラムへの取り組み

(2)航空機の安全な運航の確保
[1]安全な運航の確保等に係る運航基準の整備 
 技術の開発や重大事故の発生を受けて改正が進む国際基準に準拠するため、適切に国際標準を我が国の基準に反映させるとともに、我が国独自の環境の変化に応じた基準整備を適切に進める。
[2]乗員政策の推進
 安全を確保しつつ航空ネットワークの充実等を図るためには、操縦士の安定的な供給を確保することが必要であり、このため、(独)航空大学校の養成規模の拡大(平成30年度から)をはじめ、操縦士の養成・確保に向けた各種取組の促進や航空会社の健康管理体制の強化等を行う。
乗員政策について
[3]外国航空機の安全性の確保
 外国航空機の安全性を確保するため,ランプ・インスペクションの充実・強化を図るとともに、外国当局との一層の連携に努める。
[4]小型航空機等に係る安全対策の推進
 小型航空機の安全対策として,平成26年4月より義務付けた操縦士に対する定期的な審査を進めるとともに、各種の安全講習会等の実施により、事故防止のための取組を行う。また、年1回の耐空証明検査時等において、機体の整備状況を確認するとともに、確実な整備の実施を指導する。

(3)航空機の安全性の確保
 新技術の開発状況や国際的な基準策定の動向等を踏まえ、航空機及び装備品の安全性に関する技術基準等を整備するとともに、航空機の検査及び整備審査を的確に実施することにより、航空機の安全性を確保する。
  さらには,国産ジェット旅客機について、その安全性を確保するため、設計・製造国政府として、型式証明の審査等を着実に実施するとともに、運航開始後も安全性が維持・継続されるよう、的確に対応する。
新規国産ジェット旅客機の安全性審査



お問い合わせ先
国土交通省航空局安全部安全企画課
電話 :03-5253-8111直通 :03-5253-8696
 

ページの先頭に戻る