ナショナルサイクルルート

ナショナルサイクルルート

ナショナルサイクルルートとは

自転車は、それに乗ることそのものを楽しんだり、また、サイクリングツアーで地域をめぐり、沿線の魅力を楽しむことができ、現在、全国各地で官民が連携し、自転車の活用による観光地域づくりが進められています。
ナショナルサイクルルート制度は、優れた観光資源を走行環境や休憩・宿泊機能、情報発信など様々な取組を連携させたサイクルツーリズムの推進により、日本における新たな観光価値を創造し、地域の創生を図るため、ソフト・ハード両面から一定の水準を満たすルートを国が指定することで、日本を代表し、世界に誇りうるサイクリングルートとして国内外にPRを行い、サイクルツーリズムを強力に推進していくものです。

ナショナルサイクルルートの指定要件

ナショナルサイクルルートの指定要件は、ルート設定、走行環境、受入環境、情報発信、取組体制の観点から以下の通り設定しています。

  • 観 点

    指定要件

  • ルート設定

    サイクルツーリズムの推進に資する魅力的で安全なルートであること

  • 走行環境
    • 誰もが安全・快適に走行できる環境を備えていること
    • 誰もが迷わず安心して走行できる環境を備えていること
  • 受入環境
    • 多様な交通手段に対応したゲートウェイが整備されていること
    • いつでも休憩できる環境を備えていること
    • ルート沿いに自転車を運搬しながら移動可能な環境を備えていること
    • サイクリストが安心して宿泊可能な環境を備えていること
    • 地域の魅力を満喫でき、地域振興にも寄与する環境を備えていること
    • 自転車のトラブルに対応できる環境を備えていること
    • 緊急時のサポートが得られる環境を備えていること
  • 情報発信

    誰もがどこでも容易に情報が得られる環境を備えていること

  • 取組体制

    官民連携によるサイクリング環境の水準維持等に必要な取組体制が確立されていること

  • 〇指定要件の評価項目及び評価基準には、ナショナルサイクルルートとして満たすべき評価基準を必須項目として設定しています。
  • 〇更なるサイクリング環境の向上を目指した取組を促すため、満たしていることが望ましい評価基準を推奨項目として設定しています。
  • 〇必須項目は、指定の際にすべて満たしていることを基本とします。

必須項目の例

  • ・ルートの延長がおおむね100km以上であること(島しょ部を除く)
  • ・矢羽根等により自転車通行空間が整備されていること
  • ・経路などの路面表示、案内看板が設置されていること
  • ・鉄道駅などに、レンタサイクルや着替え場所等を備えた「ゲートウェイ」が整備されていること
  • ・サイクルステーションがルート上におおむね20kmごとに整備されていること
  • ・ルート直近にサイクリスト向けの宿泊施設がおおむね60kmごとにあること
  • ・ホームページなどで日英2か国語以上により情報発信をしていること

奨励項目の例

  • ・急勾配が連続する区間を避けたルートであること
  • ・サイクルトレイン、サイクルバスなどが利用できること
  • ・ツアーガイドなどが実施されていること(日英2か国語以上)
  • 〇更なるサイクリング環境向上のため、追加的に対応すべき取組を、指定の条件とすることができるものとします。
ナショナルサイクルルートの概要はこちら ナショナルサイクルルートの詳細はこちら

ナショナルサイクルルート ロゴマーク募集中

  • 実施主体

    自転車活用推進本部事務局

  • 応募点数

    1人につき、何点でも応募可能です。
    ただし、応募一通につき一作品とします。

  • 応募資格

    誰でも応募できます。

  • 応募方法

    電子データをメールで送信をお願いします。
    提出のファイル形式は10MB以内のJPEG/GIF/Tiff/PNG/PDFのいずれかとしてください。

  • 審査方法

    全国から応募されたロゴマークの中から、3点程度に絞り込みの上、
    自転車活用推進本部長が1点を決定します。採用作品には、認定証及び記念品を進呈します。
    (ロゴマーク決定後、記者発表をさせていただく予定です)

  • 審査基準
    • (1)視認性:路面表示や案内看板に使用するため、走行安全性に配慮し、自転車利用時にわかりやすいこと
    • (2)統一性:全国で統一されたマークとして使用することができるものであること
    • (3)審美性:デザインとして優れていること
    • (4)展開性:さまざまな媒体で展開可能であること
    • (5)再現性:カラーだけでなくモノクロ化や拡大・縮小してもデザインイメージの変化がないこと
  • 募集期間

    2019年10月9日(水)まで(必着)

  • 応募作品の提出
    応募作品の画像(JPEG/GIF/Tiff/PNG/PDF)ファイルを電子メールにて以下に送付してください。
    電子メール以外での応募は認めません。電子メール本文に以下を記載してください。
    • 氏名、住所、年齢、職業、メールアドレス、昼間に連絡のとれる電話番号
    • 「ナショナルサイクルルートロゴマーク募集係」宛て(株式会社ドーコン内)
    • メールアドレス  NCR_LOGO@docon.jp
    • ※ナショナルサイクルルートロゴマーク応募関連業務は、
      国土交通省から本事業の業務委託を受けている株式会社ドーコンが主体となり実施します。
  • デザイン展開案
    • (1)案内看板へのデザイン展開
    • (2)道路への路面表示(①グラデーションは使用不可、②1つの色の幅は10mm以上必要※)
    • ※直径0.75mのロゴサイズとした場合の1つの色の幅
    • このほか、以下で利用することを想定しています。
    • ①国または各地域が作成する広報資料(パンフレット、リーフレット、WEB)等での利用
    • ②ルートマップでの利用
    • ③国または各地域の観光関連部門が作成する観光誘客の資料での利用(国内外問わず使用する)
    • ④関連サービスを実施する民間企業・施設における案内・情報提供での利用
      なお、当該デザインは本邦内に限らず国外各地のイベント、印刷物等に使用することを前提とします。
  • 制作条件
    • (1)編集可能なグラフィックデータで作成されたフルカラー(CMYK)での制作をお願いいたします。
      応募はJPEG/GIF/Tiff/PNG/PDFに限りますが、選定された場合には後日、aiデータ、psdデータ等をご提出いただきます。
    • (2)「ロゴマーク」は以下の5つの要素で、1体的に構成させてください。
      「シンボルマーク」:ナショナルサイクルルートの意義・目的を踏まえたものとする
      「優れた観光資源を有機的に連携したサイクルツーリズムの推進により、
      日本における新たな観光価値を創造し、地域の創生を図るために、
      一定の水準を満たすルートを対象としてナショナルサイクルルートに指定する。」
      「ロゴタイプ」:「National Cycle Route」または「NATIONAL CYCLE ROUTE」とする。
      その他の言語を用いることを考慮することは可能であり提案することは差し支えないが、
      その内容は審査には影響しない。
      将来、ルート番号を付記することが考えられるため、その余地について考慮すること。
    • (3)下図の通り、案内看板等に掲載させる。その際、縦・横0.10m程度のサイズにおいても
      視認性が確保されるように制作してください。
      (最小の案内看板の横幅または縦幅として15cm程度を想定しています。)
    • (4)国内外の来訪者(自転車利用者)に親しみやすく、わかりやすいロゴマークとしてください。
    • (5)ロゴマークとあわせて、ロゴマーク作成にあたってのコンセプトを検討してください。
      なお、提出様式は自由で、画像ファイルと共に添付してください。
    • (6)法定の道路標識・道路標示等と類似する等、混同することないよう、彩色や形に配慮してください。
    使用方法のイメージ 使用方法のイメージ
  • 制作の
    注意事項
    • (1)以下は審査対象外とします。
      広く認知されているイメージ(自転車関連団体等のシンボルマーク等)や世界的に使用されている
      ピクトグラム、シンボルマーク、法定の道路標識・道路標示等と混同される恐れがあるもの。
      第三者の著作権や商標権等の権利を侵害する恐れがあるもの。
      既に公表されているもの(WEBに掲載されているものを含む)と同一または類似のもの。
      政治的・宗教的・商業的メッセージを含むもの。
      反社会的な要素、誹謗中傷を含むもの。公序良俗その他法令の規定に反するもの。
    • (2)応募作品の知的財産権等
      応募作品の知的財産権は、自転車活用推進本部に帰属し、無償で譲渡されること。
      応募作品は、各ルートの看板・路面表示に使用されるほか、自転車活用推進本部及び地域が実施する広報・記録等を目的とした印刷物、WEB、展示会等にて無償で使用可能とすること。
      応募作品が第三者の著作権、商標権、意匠権、その他の知的財産権等の違反があった場合は、その一切の責任を応募者が負うこと。
    • (3)個人情報の取り扱い
      応募や選考に関するご連絡その他審査事務に必要な範囲のみで使用します。
    • (4)応募作品の修正
      自転車活用推進本部の判断により、応募者との協議の上、修正を行う場合があります。
    • (5)その他
      応募にかかる費用は全て応募者の負担となります。※「無償」での作成
      応募を行ったことによる被った損失・損害の責任は自転車活用推進本部では負いません。
      応募作品は返却いたしません。天災その他不慮の事故等に基づく破損・紛失等について責任を負いません。