ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 人材の育成・活用 > 観光カリスマ > 黒木 定藏(くろぎ さだぞう)
ページ本文

黒木 定藏(くろぎ さだぞう)

印刷用ページ

最終更新日:2010年4月12日

宮崎県西米良村長
黒木 定藏(くろぎ さだぞう)

主な経歴

1948年
宮崎県西米良村生まれ
1994年
西都農業協同組合企画課長
1996年
西米良村助役
1998年
~西米良村長就任
他の要職
株式会社「米良の庄」代表取締役社長

カリスマ名称

「新しいワーキングホリデー制度」のカリスマ 
小さな過疎の村にワーキングホリデー制度を導入し、都会との交流を進めている。  

選定理由

賃金を支払ってきちんと仕事をしてもらいながら休暇と交流を楽しんでもらうワーキングホリデー制度の導入などにより、人口1,500人の小さな過疎の村である西米良村を全国に知らしめ、交流人口を増加させるとともに、村民に自信と誇りを取り戻させることに成功し、村民の自主的な取り組みによる村の活性化にまで発展させた。

具体的な取り組みの内容

西米良村は、宮崎県の中央部最西端、熊本県と境を接した九州中央山地に位置している。地形は急峻で、村土のほとんどを森林が占め、人家や耕地は谷沿いに点在しているに過ぎない。山の精霊「カリコボーズ」が住むといわれる、豊かな自然と個性的な風土が残り、人情味あふれる、魅力的な村である。
西米良村の風景
西米良村の風景
主産業は林業で、かつて木炭生産日本一を誇るなど栄えていた時代には、人口も8千人をピークに5千人前後で推移していた。しかしながら、その後の林業の衰退により人口は減少を続け、平成7年には1,543人と35年間で72%もの減少となった。さらに、平成6年の推計では、将来人口は2010(平成22年)に748人になると予測され、村の存続そのものが危ぶまれるほどの経済活動の停滞と少子高齢化の過疎の村となった。

「カリコボーズの休暇村・米良の庄」構想の誕生

このような状況のもと、村では平成7年度に後期総合計画の策定を進めたが、村の将来をどうするのか様々な側面から可能性を調査し西米良の魅力を探った結果、西米良にしかないもの・・自然、気候、歴史、文化・・そしていわゆる過疎を逆手にとった「過疎力」、このような地域の特性を活かした村づくりを進めることとした。人口の減少に対しても、今後も確実に人が減ることは避けられないことを現実として重く受け止め、「定住人口の増加と併せて緊急に交流人口を増加させること」を基本施策とした。
そして、村は本施策を継続して着実に実行できるよう、また、西米良らしい村づくりの基本的方向付けを明確に打ち出すため、基本コンセプトを【九州中央山地・一ツ瀬源流・生涯現役元気村「カリコボーズの休暇村・米良の庄」】と設定した。ここに「カリコボーズの休暇村・米良の庄」構想が誕生した。
この構想は、山の精霊「カリコボーズ」が住む豊かな自然と、個性的な風土と共生する村づくり、村民が健康で長生きし、高齢者も現役として社会に参加し、いきいきと暮らせる、生涯現役元気村づくりが目標である。また、全村を休暇村として、多くの交流人口を迎え入れ、村内いたるところで交流の花が咲き、双方が笑顔で暮らせる村づくりが願いである。
この構想を実行に移すため、JA本所で企画課長をしていた西米良村出身の黒木氏が、村の助役に抜擢された。平成8年7月のことである。

8つの庄づくり

黒木氏らは、「カリコボーズの休暇村・米良の庄」づくりを具体的に推進するための戦略プロジェクト、8つの庄づくりを展開した。このプロジェクトは、8つの施策それぞれにテーマ性と物語性を持たせ、継続して事業を展開しながら将来にわたって西米良を発信することが基本となっている。そして、村づくりを進める実働部隊(雇用促進を図るため)として第三セクター「(株)米良の庄」を設立した。
その一部を紹介すると、交流の拠点と健康づくりを目的とした温泉関係施設「健康づくりの庄」(ここでの温泉掘削の成功は、一番バッターとして、村づくりの弾みになった)。生活環境の改善や自然環境の保全を目的に、下水道・若者定住住宅等の整備を行う「街づくりの庄」。歴史的に伝えられてきた民話や伝承を活かした「語り部の庄」、花卉類の生産を観光産業に繋ぐ「花づくりの庄」、特産品販売も行う総合案内所の整備とダム湖を利用とした「湖遊びの庄」、清流一ツ瀬川の保全と活用を図る「川遊びの庄」などがある。
 

西米良型ワーキングホリデー制度の創設

すでにハード面としての8つの庄づくりが展開されている一方で、黒木氏らは、「カリコボーズの休暇村・米良の庄」づくりのソフト面の一施策として、「西米良型ワーキングホリデー制度」を創設した。
都会では、生き生きと働き日本の経済を支えてきてまだまだ高感度で元気であるにもかかわらず第一線を退き、生きる目的を喪失した中高年がどんどん増えている。一方、西米良には豊かな自然、個性的な生活文化が多く継承され、季節的に人手が不足する仕事がある。もしここで交流人口が増えれば、村内がいきいきとする。そして何よりも、過疎地域の住民と過密都市の住民双方がそれぞれ新しい交流を求めているはずだ……常々そう考えていた黒木氏らは、ワーキングホリデー制度の導入こそが村づくりの決め手になると信じて、政策の核に据えた。

制度の導入にあたり、黒木氏らは、4つの目標を掲げた。[1]西米良に来た人が少しでも長く滞在できるようにする。[2]滞在する中で、西米良の良さを知ってもらい、西米良ファンになってもらう。[3]来てくれた人を通じて西米良を発信する。[4]そして、将来的には不足する働き手の確保も。

黒木氏らが実際に導入した西米良型ワーキングホリデー制度は、基本的には「ゆず」や「花卉」の栽培など季節的に人手が不足する仕事について農業体験を行わせるというものだが、参加者に対して受け入れ側の農家が賃金を支払うというところに特徴があった。つまり、参加者が費用を支払って農業体験をするというのではなく、あくまでも仕事をしてもらおうという考え方である。賃金の額も宮崎県の最低賃金を保証した。

「人手が足りないときに仕事をしてもらう」というのが原則であるから、仕事が無いときは参加者の募集は行われない。したがって、受け入れ農家も仕事に忙しい時期なので、農家仕事に影響しないよう、参加者の食事や泊まりは公設の滞在施設を用意するという徹底ぶりである。参加者は休暇を含めて3日間から1週間は滞在してもらうようにしており、例えば1週間の場合は、4日間仕事を手伝い、残りの3日間は西米良の豊かな自然の中で休暇を楽しんでもらうといったプログラムを組むこととしている。

一般的に行われている農業・農村体験型グリーンツーリズムの手法や無償ボランティアとも違い、また単なる季節アルバイトとも違い、「西米良型ワーキングホリデー制度」は、お金を稼ぎながら休暇を楽しみ交流することに比重を置いているところが、他の地域に見られないコンセプトであると言える。
ワーキングホリデーの柚子収穫
ワーキングホリデーの柚子収穫

ワーキングホリデー制度の実績

「西米良型ワーキングホリデー制度」は、平成9年度から開始された。初年度は試行期間ということで、受け入れ農家の数も5戸にとどまっていた。黒木氏も、本当に人が来てくれるのかとの不安があったという。ところがいざ蓋を開けてみると全国各地から大変な反響があり、たくさんの問い合わせとともに本当に人が来てくれたのであった。結局、初年度は29名の参加となった。

翌年度から本格的に開始したが、結局、平成9年度から平成14年度末までの延べ参加者数は242名、平均滞在日が5.9日となっている。利用者は当初定年を迎えた年齢層を想定していたが、予想に反して若い世代の独身女性が半分以上を占めるという結果となり、中には京都から来た女性が、受け入れ農家の男性と結婚するに至るという、うれしい誤算も発生した。また、毎年訪れるリピーターも現れ、さらにはそのリピーターが友達をつれて来て、各種のイベントにも協力してくれるといったこともある。
黒木氏は、「制度がうまく稼働したのは、初めての取り組みにもかかわらず、村全体が一つにまとまり、村民一人ひとりが積極的に参加し、自分達も楽しみを持って取り組んだことにある」と話している。

村民の意識をも変えた「カリコボーズの休暇村・米良の庄」づくり

8つの庄建設プロジェクトが進行し徐々に物が見え始め、ワーキングホリデー制度を通じたくさんの人が村を訪れ、村に対する評価が上がってくるに従い、村民の意識に変化が見られるようになってきた。
まず本当に人が来てくれたことに驚いた。そして、参加者との交流を深める中で西米良の良さや誇りを実感し、西米良そのものが都会の人を惹き付ける魅力を持っていることを認識した。自然を守りながら地道な活動を続ければ人が来てくれる、都会型の遊興施設がなくても若い人も十分に楽しんでくれる……村民は徐々に自信を深めていった。

受け入れ農家では、新しい情報が身近に聞けたり、「初めて聞いた京都弁に感激しました」とか「都会から来た夫婦は、初めて夫婦で働き夫婦の絆を確かめる場になっている」とか、受け入れ者にも参加者にも貴重な体験の場になっていることも確かである。

また、西米良型ワーキングホリデー制度が新聞・テレビ・ラジオ・雑誌等で全国に報道され、九州の山奥にある西米良村が全国に知られるようになった。「西米良ファン」が増え、ワーキングホリデー参加者ならずとも観光客が増加し、交流人口が増加してきており、村そのものが変わりつつある。
ワーキングホリデー交流会
ワーキングホリデー交流会

若者の間でも自主的な活動の動き

村の若者も新しい取り組みを始めだした。若者のグループ「ふるさと研究会」では、西米良の特産「ほおずき」を使ったアートの講習会を開いたほか、西米良村民と同じ数のほおずきを使った「ほおずきクリスマスツリー」や十数メートルにもなる大七夕飾りを登場させるなどの取り組みを始めた。商店街もこれに参加するようになり、西米良を訪れた観光客の目を楽しませている。
ほおずきクリスマスツリー
ほおずきクリスマスツリー
ほおずきの七夕飾り
ほおずきの七夕飾り
また、商工会の青年部では、鮎釣り大会「鮎カップin西米良」を開催しているが、年を追うごとに九州各県から多くの参加者が訪れるようになっている。黒木氏らの願いがかなって、若者の取り組みにも波及し、本当の村づくりが今始まっている。

地域では、新しいイベントが始まり、当初は、黒木氏ら村役場で仕掛けたイベントが、今は地元主導での取り組みとなり、確実に地域のイベントとして定着しつつある。地区民や若い人からは、やればできるという声が聞かれるようになってきた。

平成11年にオープンした温浴施設「西米良温泉カリコボーズの湯『ゆた~と』」では、早朝の温泉掃除「朝風呂会」と閉館後の温泉掃除「夕風呂会」が発足した。若い人からお年寄りまで、約70名の会員が西米良温泉を陰で支えている。

「ゆた~と」などの施設オープンに伴い、お土産向け販売やもてなし用の特産品づくりに、営農グループのお年寄りたちが生涯現役を地でいくかのごとくがんばっている。平均年齢が70数歳、最高年齢が80数歳に達しているが、村の活性化になくてはならない存在である。 若者の定住が年間数人であったものが近頃では、年間20名近いU・Iターン者があり若い人の活動が活発化している。若い人が増えたことで村のにぎわいも増してきている。

こうした自主的な取り組みが次々と展開していくことの背景には、西米良の長い歴史の中で厳しい生活条件のもと培われた相互扶助の社会システムが今でも機能していたことがある。
語り部フェスタ
語り部フェスタ

西米良村の将来に向けて

ワーキングホリデーの成功などで、村への入り込み客数は、平成6年の約45,000人から、平成14年には約135,000人へと大幅に増加した。また、平成14年に再度行われた人口推計では、2030(平成42)年には現在の人口よりも約1.6倍の2,511人になるという結果になっている。
林業の低迷、財政赤字など村をめぐる状況には依然として厳しいものがあるが、黒木氏のアイデアにより村民一人一人が意識を高揚し、前向きに生活に取り組むようになったことは、将来への希望がつながっていると言える。
黒木氏の取り組みは、平成15年4月に構造改革特別区域「神話・伝説のふるさとツーリズム特区」の認定を獲得し、農家民宿の導入などに新たな可能性がまた生まれるなど、今でも続いている。村民一人一人が知恵を出し、お互いに協力して、誇りを持って住み続けることができる西米良づくりを進めていくことが必要であり、そのためには途切れない仕掛けが必要である……黒木氏はそう考えており、今でもアイデアの捻出に余念がない。
このページに関するお問い合わせ

西米良村 総務企画課 課長 黒木敬介様
電話 0983-36-1111
FAX 0983-36-1207
E-mail ke-kurogi@vill.nishimera.lg.jp

関連情報はこちら→西米良村ホームページ


ページの先頭に戻る