ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2022年 > 「新たなビジネス手法の導入による宿泊業を核とした旅行サービスの提供促進に向けた実証調査」公募について
ページ本文

「新たなビジネス手法の導入による宿泊業を核とした旅行サービスの提供促進に向けた実証調査」公募について

印刷用ページ

最終更新日:2022年7月6日

 来訪客にとって観光地の拠点となる旅館・ホテルの経営を行う宿泊業は、旅行消費全体の中でも大きな割合を占めており、地域での滞在時間を増加させることにより、宿泊費のみならず飲食費や買い物代、交通や施設利用等の消費の上昇に寄与し、地域全体での観光消費を押し上げる効果も有しています。さらに、宿泊業は材料やサービスの地元周辺からの仕入れ割合が他の業種より高いことから、地域に対して大きな経済分配効果があります。
 こうした観点を踏まえ、宿泊施設とその周辺地域を再生・高付加価値化させていくことを目的に、宿泊事業者が核となって提供する新サービスの開発、販売支援を行うとともに、これらの宿泊事業者が提供する新サービスを検証することで、宿泊事業者の価値向上を図り、継続的な発展を目指す実証事業を行います。
 業務の概要、応募方法その他留意していただきたい点は以下の公募要領に記載のとおりです。応募される方は、熟読いただきますようお願いいたします。

【募集期間】
令和4年7月6日(水)~8月5日(金)17:00必着

【提出書類】
様式1~4の書類は全て提出してください。参考資料は必要に応じご提出ください。
様式は以下よりダウンロードをお願いいたします。

公募要領
提案書・費用積算書・業務実施スケジュール(様式1~3)
事業概要(様式4)

※費用積算書の根拠となる見積等は提案書提出時点では不要です。
※提出書類1~3はエクセルシート、様式4はパワーポイントでの提出をお願いします。(PDF等は不可)

【提出先】
以下の提出先にメールで送付してください。
Email:new-travel@dentsu-pmp.co.jp
新たなビジネス手法による旅行サービス実証調査事務局
※メールの件名の冒頭を「 【新たなビジネス手法】提案団体名 提案事業名 」としてください。
※メールの到着後(土曜日、日曜日、祝日を除く)3日以内に事務局より受付メールをお送りしますが、当該メールが届かない場合は、お手数ですが、問い合わせ先へご連絡いただきますようお願いします。
 

公募要領や提出等に関するお問合せ先

新たなビジネス手法による旅行サービス実証調査事務局
(株式会社電通プロモーションプラス)
電話番号:03-5540-4050
Email:new-travel@dentsu-pmp.co.jp
受付時間 10:00~18:00(土曜日、日曜日及び祝日を除く。)
※個別の審査結果に関するお問い合わせにはお答えできません。

このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光産業課
TEL:03-5253-8330
FAX:03-5253-1580