ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2022年 > 「未来の観光人材育成事業」実証モデル地域・モデル校の公募について
ページ本文

「未来の観光人材育成事業」実証モデル地域・モデル校の公募について

印刷用ページ

最終更新日:2022年7月29日

 今後、観光産業を我が国の成長に資する基幹産業とし、さらに高いレベルの観光立国を目指すためには、人材の育成・確保が不可欠です。そのためには成長の早期の段階から、日本及び地域への愛着と誇りの醸成を図るとともに、旅や観光の意義についての理解を深め、次世代に対して観光への興味・関心を広く喚起することが重要です。
 2022 年度は新たに「観光ビジネス」科目が高等学校商業科に導入され、高等学校における観光教育への注目が更に高まっています。高等学校の教育現場において魅力的なコンテンツを提供すると共に、学校だけではなく地域も一体となった観光教育の在り方を検討する必要があります。
 そこで、本事業では学校現場において、学外(地域、企業、大学等)とつながりを持ち、指導者の知識やノウハウの有無を問わず、広く、誰もが積極的に観光教育に取り組めることを目指して実証事業を行います。
 教育コンテンツの実践と産学連携の基盤モデル構築を行うため、以下の公募要領に基づき、産学連携での授業を計画し、実施する地域を広く募集します。

【公募受付期間】

令和4年7月29日(金)~令和4年8月19日(金)

【公募要領】

【申請書】

このページに関するお問い合わせ
未来の観光人材育成事業 事務局((株)日本旅行内)(担当:加世、市川、寺田、高坂)
◇連絡先:mirai_jinzai@nta.co.jp(営業時間:平日09:45~17:45(土日祝日休業))
◇注:電子メールの件名の冒頭に、必ず「【申請書提出】〇〇(実施主体名称)」と付記してください。