ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2022年 > 将来にわたって旅行者を惹きつける 地域・日本の新たなレガシー形成事業について
ページ本文

将来にわたって旅行者を惹きつける 地域・日本の新たなレガシー形成事業について

印刷用ページ

最終更新日:2022年6月2日

 本事業は、将来にわたり国内外から旅行者を惹きつけ、継続的な来訪や消費額向上につながる地域・日本のレガシーの形成を促すことを目的とする事業です。
 令和4年度においては、地域におけるレガシー形成を促進するための実現可能性調査(FS調査)や当該調査結果を踏まえたプラン作成を実施します。
 なお、本事業を通じて形成するレガシーは、下記の4つの考え方のいずれか又は複数に合致するものを対象とします。
 
※ FS 調査:新規事業等のプロジェクトの実現可能性を調査するもの。市場調査や採算性・経済効果に加え、法制・規制面、技術動向、実施のための組織体制のあり方等の観点を含め、実現可能性を調査。
レガシー形成の考え方
[1]地域において最も輝いていた時代の建築物や文化を面的に再現し、活用していく取組
[2]地域で脈々と受け継がれてきた自然・景観、食、文化、遺産(日本遺産、重要文化財、伝統技術等)等を、面的に又は線で再現し、活用していく取組
[3]地域における自然・景観、食、文化、人(住民)と、アートなど新しく創出した資源との融合により、地域に人々を惹きつける取組
[4]シンボリックで一点豪華主義なものを創出していく取組 
 
本事業は、地方運輸局等において、上記の考え方に基づきFS調査やプラン作成の実施を希望する地域を公募し、採択された地域と連携して事業を実施することにより、レガシー形成に向けた取組を推進するものです。

事業概要書

(1)応募主体

地方公共団体、観光地域づくり法人(DMO)、その他観光協会等は問わないものの、地方公共団体の関与・参画を必須とします。

(2)対象事業

(1)FS調査及びレガシー形成に向けたプラン作成に関する経費
・調査経費
該当地域を取り巻く状況と地域特性を整理するための調査、活用事例調査、ニーズ調査(ターゲット推定のニーズ調査等)、住民及び周辺施設等への影響調査、法令調査、維持管理・運営手法に関する検討調査、収支分析及びそれに係る調査等
・アイデアの具体化方策及び整備手法等に関する検討経費
・協議会の開催経費
・専門家や民間企業等からの意見聴取にかかる経費
・今後の事業展開の戦略(プラン)作成経費

(2)その他、本事業の目的を達成するために必要な経費
※本事業の成果物が地方運輸局等以外の財産となる経費は対象外となります。

(3)事業費

本事業における事業費は、1事業あたり1,000万円を上限とします。
※国は、事業の実施に伴う必要な経費の総額を予算の範囲内で負担します。

(4)提出先

地方運輸局等
※必要な提出書類や提出期限等の詳細については、以下、地方運輸局等のHPをご覧ください。

北海道運輸局

東北運輸局

関東運輸局

北陸信越運輸局

中部運輸局

近畿運輸局

中国運輸局

四国運輸局

九州運輸局

沖縄総合事務局
 
このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光地域振興部 観光地域振興課
TEL 03-5253-8327(直通)、03-5253-8111(代表)
FAX 03-5253-8122