住宅

消費税率引上げに伴う住宅取得に係る対応について


 平成26年4月1日に実施された消費税率の引上げ(5%から8%)への対応として、住宅取得者の負担軽減を図るため、以下の措置を講じました。
  ・住宅ローン減税の拡充
  ・すまい給付金
  ・住宅取得等資金にかかる贈与税の非課税措置の拡充

 なお、消費税率(国・地方)の8%から10%への引上げが平成31年10月1日より実施されることに伴い、「すまい給付金の給付額が30万円から50万円に拡大」「住宅ローン減税の引き続きの実施」「住宅取得等資金にかかる贈与税非課税枠の拡充」が実施されることが予定されております。

 さらに、今般「消費税引上げとそれに伴う対応について」(平成30年10月15日)において「住宅についても来年10月1日以降の購入等について、メリットが出るよう施策を準備します」とされているところです。
 



<イメージ拡大>




*すまい給付金制度の詳細については、こちらをご覧下さい。


 
*住宅税制関連の詳細については、こちらをご覧下さい。



【参考】
平成30年10月15日
 消費税引上げとそれに伴う対応について【臨時閣議】

平成28年9月26日
 「住宅取得等に係る給付措置について」の一部改正について【閣議決定】
 
平成27年2月17日
 住宅取得等に係る給付措置について【閣議決定】 
 



  • 10月は住生活月間

ページの先頭に戻る